キッチンリフォームの見積もりで失敗しないために

キッチンリフォームをする上で絶対にやってはいけないこととは!1社のみで業者を決めるのはNG!

キッチンリフォームするときに、近くの評判のよいリフォーム会社に行ってみたり、モデルルームへ行ったりすると思います。

 

いろんなキッチンがあるのでどれを選べばいいかわからず、勧められるだけすすめられて結局どんなキッチンにしたいのは決まらず帰って来てしまったなんて経験はありませんか。

 

一軒一軒歩いて周るのも本当に一苦労しますよね。できればたくさんの見積りを取って1番自分の予算と見合う好みのキッチンがあればベストですよね。でもなかなか1つに絞るのって大変ですよね。

 

そこで、キッチンリフォームの業者選びに必要なことは、多くの見積りをとることが重要です。わかってはいるけど何件も時間をかけて周るのも労力を奪われますよね。

 

何件も回っていればその中に1件くらいは、悪い業者が含まれているかもしれません。そんな悪徳業者に出会わないためにもできることがあります。

 

参考になれば幸いです。

 

■悪い業者を選ばないためにやるべきこと

 

悪徳系は、基本的に見積もりの内容に「一式いくら」みたいな簡単な表示をしている場合があります。中身の無いような見積りなら、注意が必要です。

 

それでもし、納得いくような見積書の内容を詳しく説明してくれるのであれば話は別です。

 

あとは事業者団体への加盟や、建設業許可の登録がなかったりするのも信用性がないです。もし気になるような業者はまず会社のホームページはあるのかなども重要なポイントになります。

 

ホームページが仮になかった場合でも、基準を満たした業者であればキッチンリフォームの相場が妥当であったり、金額にあまり差がでないはずです。

 

ハズレの会社は適正価格が基本的にズレているので、キッチンのリフォームに予想外の金額がかかったりします。

 

ですから、見積もりをお願いしたら優良なお店であるのか判断する方法それは、たくさんのリフォーム会社の見積りを取ることです。そして見比べて見極めることです。

 

とても面倒くさいけれど、最低でも3〜5社くらいの見積りは欲しいところです。

 

それで自分の予算と見合わない会社は排除するぐらいの勢いで選ぶのがいいでしょう。

 

あとは、こちらサイドの意見をしっかり聞いてくれたり、適切なアドバイスをくれたり提案してくれるのかというのも、重要な選ぶポイントです。

 

■キッチンリフォームに特化した業者を選ぶ

 

リフォーム業者を選ぶとき、キッチンのリフォーム経験や実績の多い業者を選ぶことができればOKですが、なかなかキッチンリフォームに特化した業者を選ぶのは大変です。

 

特化した業者を選ぶと言っても、最終的にはキッチンリフォームの費用や相場が重要ですよね。そこで的確な提案をしてくれる、キッチンリフォームに特化したベストアドバイザーのいる業者の見積りがGOOD。

 

アフターメンテナンスや保証内容などしっかりしていて、できることできないこと、どんなわがままな理由などにも丁寧に対応して説明してくれる業者がベスト。

 

キッチンリフォームの知識がない人にこそ、わかりやすく丁寧な対応をモットーにしている特化した業者を選ぶためには、信頼の厚い業者ばかりを紹介してくれるようなところがオススメです。

 

適当な業者を選ばないためには備えておくとよいでしょう。